アメリカのシアトルより直輸入したコーヒー豆を全国へお届けいたします

オーガニックとは《有機の》という意味で、通常は農薬や化学肥料を使わず有機肥料によって生産された農産物をいう。アメリカでは1990年に《有機食品生産法》が制定され、農薬や化学肥料などの合成化学物質を使用せずに生産され取り扱われた農産物で、過去3年間に合成化学物質を含め禁止物質を使用した耕地で生産された農産物ではないこと、といった厳しい規定がなされている。
100%ケミカルフリーで安全にカフェインを抜く"スイスウォータープロセス"のデカフェ。コーヒー生豆を充填した槽に水を通してカフェインを水溶性成分ごと抽出し、続いてこの抽出した水相から有機溶媒でカフェインを抽出除去する。カフェインを除いた後の水相は、残留する有機溶媒を除いた後で再び生豆の槽に循環され、有機溶媒で抽出されなかったカフェイン以外の水溶性成分が再び生豆に戻される仕組み。
フェアトレードとはコーヒーなどの換金作物や伝統的な技術で生産された途上国の産品を、生産者から直接、適正な価格で購入し、先進国市場で販売する仕組みのこと。もともとは1960年代に欧州で始まった。途上国でフェアトレード(FT)製品を生産している団体はほとんどが非営利で、より多くの賃金を生産者に払うことで人々が貧困より抜け出せることを意図している。与えられるだけの援助とは異なり、自らより良い製品を開発して販売するといったように、途上国生産者の自立を支援するという側面が強い。また、環境や労働条件にも配慮し、環境破壊をしない持続的な生産技術や原料を使うことを原則としている。97年に発足した国際フェアトレードラベル機構は、フェアトレードの国際規格を策定し、生産業者や販売業者を認証している。フェアトレード設定商品は、コーヒーを始めココア、茶、米、砂糖、バナナ、マンゴー、パイナップル、ブドウなどに広がっている。